雑記屋さん

某広告代理店勤務のクリエイティブディレクターが、時々お仕事のことや趣味の仮面ライダー/カメラのことについてツラツラと記事にしていきます!

写真を撮ることが楽しくなくなってきたって話

はい、題名の通りです。

最近、写真を撮ることが楽しくなくなってきました。いや、楽しいは楽しいんですが

素直に楽しめなくなってきたというか。

 

 

f:id:Ryouchang:20190707214718j:plain

 

 

友人と写真を撮りに行く。シャッターもたくさん切る。でも何か違う。

モヤモヤするので、1度言語化してみようと思って、記事を書き始めました。

 

撮ってて楽しくなくなった原因は「評価されない」ことが僕の場合は大きいです。

ただ、ここでいう評価というのは小さなもので、SNSでいいねがつかないといったもの。どうだ、ちっちぇだろ笑

 

元は、当時お付き合いしていた女性の影響で始めたカメラ。

EOS Kiss5という当時からしてもだいぶ型落ち、且つエントリー機を使用していながらめちゃくちゃ良い写真を撮っていたんですよね。

カメラなんて全く興味なかったのに、彼女が撮る写真に憧れてカメラを始めました。

確かそれが2017年頃の話。

 

PENTAX Q』から始まり、そこからどんどん機材レベルが上がっていき今に至るわけですが、最初はカメラのモニターに写る写真を見るだけで「うおーすげー!」と感じていました。

 

 

f:id:Ryouchang:20190707214245j:plain

 

 

上の写真はPENTAX Qを構えてるものですね。顎のお肉がポイントです。

この頃は撮影することそのものが純粋に楽しい時期でした。

そこから時を経て、PENTAX Q→EOS 9000D→EOS 6D MarkIIと機材が良くなるごとになんとなく個人的に満足のいく写真が撮れるようになってきました。

そこから、ちょっとずつ写真を撮った後の感覚が変わってきましたね。

 

なにかというと『人から承認されたい欲』が顔を出してくるんですよ。

例えば、100ってキリが良いなと思っていて、インスタやTwitterでも100いいねがついたら個人的に満足できるんですよね。「あ、なんかみんな良いと思ってくれてるんだ!」って。

 

 

f:id:Ryouchang:20190707215742j:plain

f:id:Ryouchang:20190707220717j:plain

 

 

それが、まぁいいねつかないんですよね笑

上の写真、最近撮ったもので僕は結構気に入ってるんですけど、まぁ無風。

結構ヘコむんですよ。「僕の写真ってそんなに良くないの?」って思っちゃう。

 

いいね数にしばられるのは良くないし、本質とは違うということは理解しつつも、どうしても目の前のわかりやすい評価を求めしてまう。そんな経験ないですか?

 

 

f:id:Ryouchang:20190707221637j:plain

f:id:Ryouchang:20190707221744j:plain

 

 

目的が知らぬ間に変わってしまってるんですよね。

手段は変わらぬままカメラのはずなのに、目的が「僕の好きな人たちを写真に残す」から「いいねをもらう」になってる。

 

カメラで撮るという行為自体は同じでも、その先に目指すものが変わってしまうと、同じことをしていても全く楽しくないんですよ。

1,000とか10,000いいね以上もらえてたらそんなことも気にならないんだろうけど。

 

もうひとつあって、写真って勝ち負けというわかりやすいものではなく定性的な評価で成り立っていることも自分が迷う原因になってます。

こう見えて、硬式テニスで神奈川県大会で優勝したことあるんですよ僕。

体育会系で、勝ち負けのわかりやすい世界で生きてきたので、余計に「むむむ」となる。

(写真の世界は『勝負』でないこともわかってはいますが)

自分が良いと思っても、最終は受け手がどう思うかってところは本当に難しいです。

 

 


f:id:Ryouchang:20190710071524j:image

f:id:Ryouchang:20190710071757j:image

 

 

ただ、撮影した写真を見返すと、みんな良い顔をして写ってるんですよね。

本当はそれを見て満足できたら良いんですけど。 

この、『誰かから評価されたい』欲との戦いは長くなりそうです。 

 

 

f:id:Ryouchang:20190707222942j:plain

 

 

「楽しくないなら撮らなきゃ良いじゃん」と言われるかもですが、先述したように撮影した写真を見てると「撮って良かったな」って思うんですよ。

なので、時間は掛かるかもしれないですが、自分にとって大切な人を写真に残す。

そこに対して100%楽しめるようになれたら良いなと。

 

また、楽しみ方だって色々あるんですよね実は。

SNSにあげなくても、フォトブックにまとめて思い出を振り返るのも良いだろうし、様々なサイズにプリントして額に入れて飾るのだって良い。

 


f:id:Ryouchang:20190709231532j:image

f:id:Ryouchang:20190709231549j:plain

 

 

今は、こんな風に友人と遊びながら撮影するのが楽しいかも。

結局書いてても気持ちがまとまりきらなかったですが、皆さんも「目的が変わってきたかも?」と思ったら1度立ち止まって考えてみてはいかがでしょう。 

本気を出したフィルムの写真ってめちゃくちゃキレイだなって話

フィルムカメラ、好きなんですけど1つだけ不満があるんですよ。

それはデータ化した写真の画素数

 

「そもそもフィルムなのに画素数まで求めんなよ」って声が聞こえてきますが、それについては何も反論できません。デジタルで撮れやと言われたら笑顔で頷くしかないです。

 

 

f:id:Ryouchang:20190628224042j:plain

 

 

それでも、どうしてもこんな高画素のフィルム写真を見たくなるのがカメラバカ。

そんなカメラバカの夢を叶えてくれるお店が、そう。『カメラはスズキ』さん。

 

 

通常のスキャンだとおよそ200〜300万画素の中、高画素スキャンだと記載の通り1,750万画素。

ガラケー程度の画質が一気にスマホやデジカメの画質にレベルアップ!!って考えたらすごくないですか?

写真データそのもののサイズも桁違いに大きくなってますし、大きいサイズでプリントしても楽しめるサイズ感。

 

それでは、作例をご覧ください。

 

 

f:id:Ryouchang:20190628234349j:plain

f:id:Ryouchang:20190629085404j:plain

f:id:Ryouchang:20190628234834j:plain

 

 

どうですかめちゃくちゃ綺麗じゃないですか。

フィルムはKodak『Proimage 100』を使用しています。

当然、フィルム特有の粒子は出ていますが、高画素化していることで全ての輪郭がハッキリ写っているように感じます。

(描写の甘さやボケについては使用しているレンズの影響ですね)

 

ところでいかがでしょう。緑に囲まれた中でビニール傘をさしているわけですが、ボケ味と甘い描写が相まって幻想的な雰囲気ではないでしょうか。

まぁ僕が気に入ってるだけなんですが笑

 

 

f:id:Ryouchang:20190629092108j:plain

f:id:Ryouchang:20190629092349j:plain

 

 

いつも通り、『Leica M6』に『Summarit 50mm F1.5(L39)』の組み合わせで撮影していますが、オールドレンズの描写なのに高精細というところがとっても気に入ってます。

SONYのα7シリーズでもLeicaレンズを装着することは可能ですが、CMOSセンサーを通したデジタルライクな写りになってしまいます。

ということを考えると、フィルムの方が自然な質感に仕上がるのではないかなと。

まぁこれは個人の好みなので、何が良い悪いというわけではないですけどね!

 

ちなみに、これが1番のお気に入り。

 

 

f:id:Ryouchang:20190629093310j:plain

 

 

さて、ここからはFUJIFILMの『C200』を使用した写真です。

このフィルムは逆輸入品という珍しいポジションにいるフィルムですが、『業務用100』が値上がりしてしまった今、比較的安価に購入できる最後の砦といったところでしょうか。

 

 

f:id:Ryouchang:20190629093718j:plain

f:id:Ryouchang:20190629094115j:plain

f:id:Ryouchang:20190629094307j:plain

 

 

夏の清涼感、良いですよね。

透き通る空に美しい葉の色。もうこれだけで気分はルンルンです。

 

 

f:id:Ryouchang:20190629095758j:plain

f:id:Ryouchang:20190629095332j:plain

 

梅雨明けが待ち遠しいですね。

この夏はなにしようかなぁ

 

さて、いかがだったでしょうか。

もしかしたら、スマホの小さい画面で見ただけでは画素数の違いはわからないかもしれません。

そんなときは、折角なのでプリントして楽しむのも良いでしょう。

 

スマホに保存しておくのも良いですが、プリントして額に入れて飾る。

たまには、写真本来の楽しみ方に立ち返ってみるのも一興ですよ。

 

 

f:id:Ryouchang:20190629100652j:plain

 

 

ね!

 

【使用機材】

Leica M6+Summarit 50mm F1.5

ヤマプリに現像をお願いしたら、まるで魔法のような仕上がりになった話

フィルムカメラを本格的に始めてから3ヶ月目に突入したわけですが、ずっと気になっていたことがあるんです。

 

それは「ラボ(現像所)によって仕上がりってどれくらい変わるのか!」ということ。

すごく大げさな言い回しをしましたが、要は巷で話題のラボに現像をお願いしてみたかっただけのことです笑

 

現像をお願いしたかったラボの1つ、今回は『山本写真機店』様(通称ヤマプリ)にフィルムを郵送しました。

現像データが戻ってきたので、満を持して1ヶ月ぶりにブログを書きます笑

 

 

f:id:Ryouchang:20190627095155j:plain

f:id:Ryouchang:20190627080621j:image

 

 

まずは『Portra400』をISO100に設定して撮影した写真を紹介します。

Summaritを開放で使用していたこともあり、だいぶハイキーでの仕上がりとなりました。

(このPortra400以外は、フィルムに記載されたISO感度で撮影しています)

 


f:id:Ryouchang:20190627081817j:image

f:id:Ryouchang:20190627082031j:image

f:id:Ryouchang:20190627094810j:plain

f:id:Ryouchang:20190627094826j:plain

 

 

強烈な西日の中で撮影していたので、インデックスにはほぼ真っ白な写真が多数でしたが、データにするとこの通りしっかり色が乗ってきておりビックリしました。

そして写真の空気感がキレイ。

 抽象的な表現になりますが、頭に残る思い出の色味って、このくらい淡くないですか?

 

 

f:id:Ryouchang:20190627095031j:plain

 

 

『Portra400』の写りは元々好みではありましたが、より好きな風合いの写真に仕上げて頂けて、写真見ている間ニヤニヤが止まりませんでした笑

 

調子に乗って撮影していたら36枚あっという間に終わってしまったので、ここから先は『ULTRAMAX400』で撮影した写真をいくつか。

 

 

f:id:Ryouchang:20190627095828j:plain

f:id:Ryouchang:20190627095904j:plain

f:id:Ryouchang:20190627100110j:plain

 

 

1枚目の写真は『ULTRAMAX400』ぽいなー!といった色味ではないでしょうか。

青色の発色が非常に強いことで有名なフィルムで、空の色がキレイに表現されてますね。太陽に照らされた海も良い感じ。

 

ポートレートも個人的には好きな風合いで、今回初めて使用しましたが「クセの強いフィルム」といったイメージは完全な勘違いだったようです。

 

 

f:id:Ryouchang:20190627102640j:plain

f:id:Ryouchang:20190627102704j:plain

f:id:Ryouchang:20190627102736j:plain

 

 

うん、好き。

 

 

f:id:Ryouchang:20190627103139j:plain

f:id:Ryouchang:20190627114527j:plain

f:id:Ryouchang:20190627114740j:plain

 

 

HASSELBLAD 503CXで撮影したフィルムも現像をお願いしました。こちらも『Portra400』です。

透き通るような空気感がとても良いなと。初夏の匂いがしてきそうです。

 

 

f:id:Ryouchang:20190627115211j:plain

f:id:Ryouchang:20190627115229j:plain

 

 

今回は計4本の現像をお願いして、最後の1本は『PRO400H』となります。

緑色はみずみずしいし、1枚目の青空のグラデーションなんかもキレイですよね。

 

さて、いかがでしたか?

今回初めて現像をお願いしましたが、とても素敵な風合いに感動したのでまたお願いしようと思います。

山口県まで送ることになるのでそこそこ時間は掛かるかなぁと思っていましたが、郵送した翌日から数えて6日目にはデータが届いたので結構早い印象です。(ブローニーも入れて4本お願いしていたし)

 

普段とは違うところに現像をお願いして出来上がりを待つのも、フィルムカメラならではの楽しみ方ですね。

 

それでは、今回はこのへんで。

 

【使用機材】

Leica M6+Summarit 50mm F1.5(L39)

HASSELBLAD 503CX+Planar 80mm F2.8

【今推したいオールドレンズ】Summarit 50mm F1.5

Leicaを手にした日から、ずっと欲しかったレンズがあるんですよね。今回はその紹介。

『Summarit 50mm F1.5(L39)』というLeicaのレンズ。1949年の戦後すぐから製造が開始した本レンズ、僕が購入したものは1957年のもの。

 

実に62歳と、父親よりも歳上だということを考えると何だか感慨深くなります。

買ってすぐの本レンズを装着して、いそいそと鎌倉に繰り出してみました。

 


f:id:Ryouchang:20190527205251j:image

 

 

どうですかこの62歳。随分やんちゃな写りをする笑

そもそもボケが凄まじい上に、ぐるぐる渦巻いてることがわかりますよね。

 


f:id:Ryouchang:20190527210741j:image

 

 

このボケの渦に飲み込まれそうな感じ、「暴れ馬だなぁ〜」とは思うものの、僕は結構好きなんです。

「目に見える世界が全てではない」そんなことを考えさせてくれるような。

ちなみに、今回はLeica M6のボディとISO50に設定したFUJIFILMの『業務用100』フィルムを組み合わせて撮影しています。

 


f:id:Ryouchang:20190527211359j:image
f:id:Ryouchang:20190527211336j:image

 

 

先程の凄まじいぐるぐるボケ、今でこそ好意的に捉えられている一方、発売開始当初はかなり敬遠されていたんじゃないかなと思うんですよね。

というのも、『ボケ』を写真を構成する要素としたのって日本独自のもので、海外はいわゆるパンフォーカスが長きに渡って主流だったんです。(確か)

 

なので、開放F1.5よりも絞って撮影されてたんじゃないかな。ってことで少し絞るとシャープな写りに。

 

クセ強いのに無難な仕事も意外とこなせる。

年の功というか、手綱を引く人を試してる感じすらありますね笑

 


f:id:Ryouchang:20190528081328j:image

f:id:Ryouchang:20190528081346j:image

f:id:Ryouchang:20190528081413j:image
f:id:Ryouchang:20190527212115j:image

f:id:Ryouchang:20190527212143j:image

f:id:Ryouchang:20190527212217j:image

f:id:Ryouchang:20190527212233j:image

 

 

撮影した日の鎌倉は30度超え。すっかり夏模様で海も賑わってました。楽しみですね、零和最初の夏。

 

天気も良く、露出オーバーになるのでF値は8〜11くらいをメインに。同じレンズを使用しているのにここまで描写が変わるのすごいですよね。

 


f:id:Ryouchang:20190527232728j:image

 

 

ちょっと油断するとすぐにぐるぐるしちゃうのに。

 


f:id:Ryouchang:20190528004258j:image

f:id:Ryouchang:20190528003858j:plain

f:id:Ryouchang:20190528003922j:plain

 

 

いやぁこれだけ暑いと、アイスやジェラートに惹かれますよねぇ。

ありますよ鎌倉に美味しいお店。いかがですか?

 

 

f:id:Ryouchang:20190528004802j:plain

 

 

試し撮りにしては、我ながら良く撮れたんじゃないかなと思います笑

とはいえ、まだ開放でも撮影できてないですし、Summaritの真骨頂とも言えるゴーストやフレアも味わえていません。

休日はしばらく、このレンズを着けたLeicaを相棒に出掛けることになりそうです笑

 

Leicaでポートレートを撮るということ

Leica M6、ポートレート撮影にも積極的に使ってるんですよね。

ピント合わせるの遅いくせに、瞬間をどんどん逃してるくせに、それでもLeicaで撮ってます。

理由は「だってカッコイイじゃん。」この一言に尽きますが笑

 

というわけで、レンズもフォクトレンダーの『NOKTON classic 35mm F1.4 MC』を新調して色々撮ってます。頑張ってますぼく笑

 

f:id:Ryouchang:20190520230616j:plain

f:id:Ryouchang:20190521090415j:image

 

 

いきなりちょっとアダルトな雰囲気(?)の写真。

これは先日参加したフィルム散歩で撮影したものです。

 


f:id:Ryouchang:20190521090510j:image

f:id:Ryouchang:20190520231518j:plain

f:id:Ryouchang:20190521090541j:image

f:id:Ryouchang:20190521090604j:image

 

 

この辺も全て、サブカメラとして持参したLeica M6で撮影しました。

前の記事が圧倒的に寄りで撮影した写真を載せていた分、これらの写真は割と自然な落ち着いた雰囲気かと。

 

若干引きの写真が多いと感じるかもしれませんが、それもそのはず。

Leicaって最短撮影距離が70cm〜1mm程度なんですよ。近寄れないんですよね。

近寄れない上にレンズが35mmと割と広角なんで、必然的にスナップ的な撮り方になります。

 

となると、つまりポートレートも自然な感じ、作り込み過ぎない感じに仕上げられるんですよね。

 


f:id:Ryouchang:20190521090642j:image

f:id:Ryouchang:20190521082027j:image

 

 

ポートレートなんだけど、人物よりも背景その他の方が大きく写る。

「レンズ変えれば良いじゃん」という声も聞こえてきそうですが、35mmのこの画角がLeicaらしいんですよ。

 


f:id:Ryouchang:20190521082605j:image

 

 

例えば、好きな人のことって、ちょっと距離を置いて眺めてるのが丁度良いじゃないですか。そんな感じ。

近寄ったら好きな気持ちがバレちゃうから、少しだけ距離を置く。経験ありますよね?

 


f:id:Ryouchang:20190521082920j:image

f:id:Ryouchang:20190521082940j:image

f:id:Ryouchang:20190521083100j:image

 

 

とはいえ、背景を整理してあげればポートレートとして成立するのではないでしょうか。

もちろん、ポートレート向けの中望遠レンズとは異なり、被写体以外の雑味も多分に入りますがそれもまた良しということで。

あとこの3枚、僕のクセが如実に出てますね。人を右に置きがち笑

 

さて、ポートレート写真を多く掲載してきましたが もちろんそれだけではありません。

 

 

f:id:Ryouchang:20190521130945j:image

f:id:Ryouchang:20190521131128j:image

f:id:Ryouchang:20190521131102j:image

 

こんな風に、スナップシューターとして使うことも 当然あります。

というか、気軽に持ち運びできるレンジファインダー機はスナップシューターとして使うのがあるべき姿でしょう。

 

それでも、Leicaの放つ雰囲気や佇まいの中ポートレートを撮影すると、撮る側も撮られる側も気分がアガるというか、ちょっと違うんですよね。

これは気持ちの問題かも知れませんが、その気持ちが大事。

 


f:id:Ryouchang:20190522081047j:image

 

 

これからも、Leicaだからこそ撮れる画を大切に撮影していきたいものです。

 


f:id:Ryouchang:20190521131219j:image

 

やっぱり『フィルム散歩』は素敵なイベントだった

4月21日以来、2回目のフィルム散歩に参加したんですよ。

 

超晴天の中での開催ということで、充実感と疲労感が同じレベルで襲って来たイベントとなりました。でも楽しかったぁ!参加するたびに新しい発見があるんですよね。

 

今回も、前回と同様に啓太さんの音頭のもとメンバーが集まりました。啓太さんの他、学芸大にある『三宝カメラ』さん、横浜の『カメラはスズキ(通称カメスズ)』さんのコラボ企画、早速いってみましょう。

 

f:id:Ryouchang:20190516222758j:plain

 

今回はモデルの佐倉彩海(twitter:@ayami_s222)さんをお迎えしての初のポートレート回!(フィルム散歩でポートレートを扱うのは今回が初とのこと!)

大学院に通いながらモデル活動をされているとのことでしたが、透明感のある笑顔が素敵なかたでした。

 

 

フィルム散歩恒例の集合写真。僕だけ持ってるのがバズーカみたいになってますね。

 

f:id:Ryouchang:20190517223056j:plain

 

この景色を見て「もんじゃ焼き食いて〜」となったあなた。良いセンスだ(CV:大塚明夫)

そう、今回は月島がメインの撮影エリアでした。朝10時の月島はまだ眠りの中という感じで、これはこれで新鮮な光景。

 

f:id:Ryouchang:20190517225658j:plain

f:id:Ryouchang:20190517225836j:plain

 

もんじゃ焼きのお店にばかり目が奪われますが、しっかり見ると素敵な路地裏が多いんですよね。

レトロな風合いで、どこか懐かしさを感じるような。

 

f:id:Ryouchang:20190518101654j:plain

f:id:Ryouchang:20190517230733j:plain

 

あ、写真のことに触れずにきましたが、ここまで載せてきた写真の解像度すごくないですか?すごいですよね?(圧)

 

今回のフィルム散歩では、啓太さんに『EOS 3』というCanonフィルムカメラをお借りし、それに『SIGMAの70-200mm F2.8 Sports』と『SIGMA 50mm F1.4 Art』という直近発売されたいわゆる「現行レンズ」を組み合わせました。

フィルムは、彩度が高く「世界最高」とも謳われた粒状性を誇る『Ektar 100』を使用しています。

 

f:id:Ryouchang:20190518103321j:plain

 

『Ektar 100』、パッケージもフィルムもめちゃくちゃカッコイイ。

とまぁ、フィルムx現行レンズを組み合わせることで、『HASSELBLAD』等で有名な「中判カメラ」の写りを目指してみたわけなんですよね。

割と思惑通りにいきました。

というか、現像後にプリントされた写真を見たときはあまりの写りの良さに衝撃を受けましたね笑 

 

f:id:Ryouchang:20190518103827j:plain

f:id:Ryouchang:20190518103955j:plain

f:id:Ryouchang:20190518110058j:plain

f:id:Ryouchang:20190518110120j:plain

f:id:Ryouchang:20190518110143j:plain

 

うーん、改めて見ても凄い精密な写りだな。

こんな風に「やってみたかったこと」を実現するチャンスがあるのも『フィルム散歩』の良いところですね。

 

 

月島から本八幡(だったかな)までを歩きながら4時間半ほどでしょうか。参加者みんなで撮影を楽しみました。

そこから横浜へ行き、

夜には現像完了した写真を基に恒例の講評会。

(カメスズさん、いつも爆速での現像処理ありがとうございます!)

 

 

組写真を作る→投票→組写真の作成意図を説明→再度投票というサイクルで進行していきます。

面白いのが、意図を聞く前と後とで投票数が一気に変わること。(1人14票入れる権利があります)

世界観がわかると当然ですが見方が変わります。なので、1回目では票の少なかった組写真が2回目で一気に逆転するなんてことが結構あったり。

 

 

「説明がないと評価できない組写真は組写真じゃない!」みたいな声も聞こえてきそうですが、良いんです。楽しみ方は人それぞれ。

まぁ上記ツイートのように、フィルム散歩はこんな感じでワイワイ和やかなムードで進行してるわけですが、誰かの感性を直接聞く機会ってそんなないと思うので僕はこの時間がすごく好き。


f:id:Ryouchang:20190518114509j:image

f:id:Ryouchang:20190518114523j:image

 

僕の作った組写真はこの2つ。

上が『片想い』下が『無機質』ってタイトルにしてます。

細かい説明は省きますが、彩海ちゃんが「好きでどちらにも票入れました!」と言ってくれただけで満足でした(●´ω`●)

 

 

写真てSNSにアップすることが多くて、プリントしたり面と向かって直接意見を言ったり言われたりって機会少ないじゃないですか。

だからこそ、僕はこうしたイベントには非常に大きな意味があると思ってるし、出来るだけ参加したいと思うんですよね。

【フィルム散歩番外編】CONTAX T2という名の素晴らしいフィルムカメラ

前の記事でフィルム散歩について触れたと思うんですが、今回はその番外編。

 

フィルム散歩はメイン機とサブ機(なくても良い)で参加するスタイルで、メインはLeica M6で臨みました。

ただ、サブ機として主催者の啓太さんからずっと気になっていた『CONTAX T2』という高級コンパクトフィルムカメラをお借り出来たのだ。わっはっは。

 

1990年製と僕と同級生のコンパクトデジタルカメラ。本体の写真を撮り忘れたのがなんとも僕らしいのですが、気になるかたは最後にURLを記載しておきますのでそこから飛んでください。

 

f:id:Ryouchang:20190501192531j:plain

f:id:Ryouchang:20190501195225j:plain

f:id:Ryouchang:20190501200704j:plain

 

さて、どうですかね?

目がチカチカするほどの鮮やかさじゃないですか?

使用したフィルム『GOLD 200』の影響もありますが、これだけ発色が良いとカラフルな物を撮りたくなりますね。

あと、誰がなんと言おうと僕の中では1枚目の写真がベストオブベストです笑

 

f:id:Ryouchang:20190506232038j:plain

f:id:Ryouchang:20190506232058j:plain

f:id:Ryouchang:20190506232125j:plain

 

カメラに内蔵されているレンズは、開放F2.8と決して明るい部類ではありません。

しかし、室内や駅など多少暗い場所でもヘッチャラどころか、この色乗りの良さには「は〜このカメラこのまま持って帰ろうか」と思うほどでした。(ちゃんと返しました)

 

f:id:Ryouchang:20190506233103j:plain

f:id:Ryouchang:20190506233131j:plain

 

ふとした瞬間にパッと撮れるのもT2の良さですね。

今大流行りの『GRIII』にも負けず劣らずの手軽さだと思います。

 

f:id:Ryouchang:20190507224212j:plain

f:id:Ryouchang:20190507224232j:plain

 

フィルムカメラなのに、サッと撮れるからついつい普段は撮らないようなものも撮ってしまいますね。あっという間にフィルムなくなる笑

 

彩度が高いから、絵の具でベタッと塗ったような質感にも思えますが、彩り豊かな世界を残したいならこれ以上の選択はないとさえ感じました。

自分が見てる世界をより鮮やかに彩ってくれるんだから、僕は結構好きですよこの感じ。

 

さて、最後にCONTAX T2について詳しく紹介しているページのURLを掲載します。

僕もよく参考にしている『Sunrise Camera』さんの記事です。

sunrise-camera.net

 

カメラは沼が深いなぁ